2021年07月20日

ODOYA鋸南店で1パック12匹の小カマスを購入、煮つけと干物にして食べてみた



2021年7月、この日のODOYA鋸南店には目ぼしい刺身用の魚は見当たらなかった。

しかし、せっかく遠くまで来たのだから、手ぶらで帰るわけにもいかない。

そこで、目を惹いた小カマス群を購入した。
パックに10匹ほど入っていて300円弱。
値段的にはメチャ安だ。

2IMG_5157.jpg

半分は丸のまま煮つけにして食べた。
身は柔らかく、ふっくらしていて、焼き加減が難しい塩焼きよりは、うまかったかもしれない。


残る半分は開いて干物にしてみた。
6時間、真夏の日光の下で干して、こんな感じ。

2IMG_5223.jpg

食べてみれば、そこそこ美味しくできていた。
ただ、ちょっとパサパサ感あり。
身が薄いので、もう少し干し時間を短くすればよかったかもしれない。


そんなわけで、新たに干物というジャンルを開拓できた、今回の格安小カマスであった。











posted by 魚大好き人間 at 11:54| Comment(0) | ODOYA鋸南店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください