2021年05月16日

おどや富津店で煮付け用のカサゴを、JA直売所の味楽囲さだもと店では生トリ貝を買ってみた



本日のおどや富津店。

残念ながら、そそられる刺身用の魚はなかったが、煮魚用の立派なカサゴが、結構安めの値段であったので、買ってみた。

2IMG_4342.jpg

その後に立ち寄ったJA君津の味楽囲さだもと店には生のトリ貝があったので、さすがシーズンと、こちらも買ってみた。

2IMG_4339.jpg

カサゴは、さばいている途中、ギリギリ刺身でいけるかも?と感じたので半身を刺身にして食べた。

これまでカサゴの刺身を食べた記憶はないのだが、なんとなく強い甘味を期待。
しかし食べてみると、そう味わい深いものではなかった。
刺し身失敗の巻。

トリ貝は、パックから出して塩水で洗い、その後、水気を切って食べた。

以前、富津の某鮨店でこのシーズン、トリ貝を食べたことがあるが、あれはまるでゴムだった。
貝の本場なのに、なんでこんなのを出すんだと、それ以来、あの店には行ってない。

今回も、あの悪夢がよみがえるかも・・・と、おそるおそる食べたのだが、こちらは、そこそこいけるトリ貝だった。

ただ、一度、さばいたばかりのみずみずしいトリ貝を食べたことがある身の感想としては、色も艶も食感も味も、すべて、若干ではあるが劣っていた。
まあ、ゴムでなかっただけヨシとするか・・・。

2IMG_4350.jpg

そしてカサゴの本体は煮付けに。
これは予想通り、これぞサカナの煮付けという味だった。

2IMG_4354.jpg

カサゴは中学校、高校時代に何回も釣ったことがあり、全て煮つけにして食べていた。
今、思えば、刺身でも食べておけばよかったなあ・・・。




posted by 魚大好き人間 at 17:15| Comment(0) | ODOYA富津店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください