2021年02月23日

袖ヶ浦市のスーパー伊藤でイボがパックに吸い付いていた内湾産の生ダコを購入、千倉の大ダコと同様、味はグッドだった


肉やら総菜やらを買いに、しばしば立ち寄る袖ヶ浦市のスーパー伊藤。

鮮魚コーナーにもグッドな魚がいることがあるので、毎回、確認しているが、今回はパック入りの生ダコを見つけた。

ラベルには「内湾」とあり、パックの中では吸盤がパックに吸い付いている。
フィルムの上から軽く胴体に触れてみると、タコはムニューッと動く感じ。

生タコは千倉で買ったばかりだが、これも買わずばなるまいと、買ってみた。

IMG_3081.JPG

塩もみした後の姿。
千倉の大ダコの3分の1の重さにつき、足は細い。

IMG_3089.JPG

茹で上がっても、小ささ感は否めないが、それとて十分に立派なタコだ。

IMG_3094.JPG

刺し身で食べると、味わいは大ダコに劣っていない。
十分にタコのうまさを堪能できた。

IMG_3099.JPG

そして、多めに茹でダコを残しておいて、大ダコ時に失敗したタコメシのリベンジ。
生ダコは入れなかったので、色は綺麗な桜色だ。
ベチャつき感もなく、おいしくいただいた。

IMG_3103.JPG


ただ、タコを小さく切り過ぎてプチ失敗。
炊きあがると縮むため、もっと大きく切ったほうがタコメシらしかったのだ。





posted by 魚大好き人間 at 13:27| Comment(1) | 袖ヶ浦 スーパー伊藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タコ飯 うまくいったと思ったらナイスなオチですね。
針しょうがを乗せたら、尚美味しいそうですね。
Posted by 40代横浜男性 at 2021年02月23日 16:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください