2020年11月08日

2020年11月初旬 久しぶりの越紋鮮魚店で5種7匹を購入、ちょっと多すぎたが5日かけて食べ尽くした

2020年11月初旬、およそ3ケ月ぶりに千倉の越紋鮮魚店に行ってきた。
12時半過ぎに到着したが、この日も数多くの朝獲れ鮮魚が並んでいた。

この箱にはスマや黒ムツなど。
写真ではよく分からないが、この日の黒ムツはどれも金ピカに光っていた。

IMG_1857.JPG

この箱にはサワラやエンザラなど。
この日のエンザラは、ちょっと小ぶりだった。

IMG_1858.JPG

この箱にはメダイと最近よく目にするチカメキントキ。

IMG_1862.JPG

このザルには小さめのスズキ。

IMG_1860.JPG


この桶には生魚状態で初めて見たムロアジ。
こんな魚だったとは知らなかった。

IMG_1859.JPG


久しぶりに越紋さんに行ったということもあり、シマアジを含め、5種7匹を購入。
ちょっと買い過ぎた。
チカメと黒ムツは越紋さんでウロコを落としてもらったので、光は失せている。

IMG_1866.JPG

値段は、ちょっとおまけで5000円ピッタシ。
刺し身メインで食べることを知っている店主、「全部刺身で食べるのですか?」と聞くので、「鮮度が良いので3~4日かけて食べます」と答えておいた。

以下は、その日(初日)に食べた刺身セット。
向こうからチカメキントキ、ムロアジ、黒むつ、そして手前右がエンザラ(スプーンで身をこさげたもの)。
我ながら盛り付けは下手くそだ。

IMG_1872.JPG

食べてみれば、チカメキントキは身がコリコリだった。
ムロアジは、脂が多いせいかもしれないが、マアジより味が濃かった。
黒ムツは身が柔らかい。少し噛むと身がほぐれる感じだった。
エンザラは、コリコリ感のある白身のトロといった感じ。

ちなみに量が多すぎて、シマアジはここにはいない。

そのシマアジを含めた2日目の刺身セットが下記。
シマアジは左端で、身は飴色だ。

IMG_1885.JPG

量が多すぎたので、翌3日目の昼にムロアジを棒寿司のようにして食べてみた。

IMG_1879.JPG

しかしながら、塩振り1時間、酢〆1時間では足りなかった。
そういえば身が太かったと思っても、後の祭り。

また、鍋に目一杯あるアラ煮も食べ始めた。

IMG_1881.JPG

3日目の夜と4日目の夜も、残していた柵を刺身でいただく。

買ったその日に捌いて柵にし、ペーパータオルで包んでラップ保存しているので全く問題なく食べられる。
むしろ、熟成が進んで、段々美味しくなっている感じ。
ただ、シマアジは3日目に血合いが黒ずんできたので、その日に全て食べた。

そして、いよいよ購入5日目。最終日だ。
残るはチカメの1柵のみ。
ペーパータオルは毎日変えてきたが、それでも若干湿っている。

IMG_1904.JPG

柵はまだまだ綺麗。あと3~4日はいけそうな感じだ。

IMG_1908.JPG

最後の刺身。
なんと、まだ身に透明感があった。
そして初日にはほとんど感じなかった旨味が、この日は十分に感じられた。

よく言われるとおり、獲れたての刺身も、それはそれでいいのだが、味わうとすれば、何日か置いておいたほうがよさそうだ。

よし、今年の年末年始は、それでいってみよう!

IMG_1910.JPG

ちなみに、皿の向こうにチラッと見えるのは東金市の越川鶏肉店から買ってきたミートボールと焼き鳥。
その店も、越紋さん同様、お気に入りなのだ。


posted by 魚大好き人間 at 09:03| Comment(2) | 千倉 越紋鮮魚店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても旨そうで、ご相伴に与りたいですが、やりすぎです(笑)
Posted by 40代横浜男性 at 2020年11月10日 18:03
追伸 
ムロアジの刺身が魅力的です。
Posted by 40代横40代 at 2020年11月10日 18:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください