2020年05月19日

千倉の潮風王国で1本200円のヤガラと3匹450円のイサキを買ってきた、ヤガラの胃袋には未消化の小魚がいっぱいいた


5月17日の日曜日、コロナ自粛は続いているが、県内移動ならよかろうと、久しぶりに千倉まで足をのばした。

目的地は越紋鮮魚店だが、その前に潮風王国にも立ち寄ってみた。
というのは両店、魚種が異なることが多いからだ。

潮風王国に着けば、日曜日なのに駐車場は3分の1ぐらいしか埋まっていない。
普段の平日より少し多いくらいの混雑度だった。

駐車場側の入り口から入って右奥にある魚売り場を見ると、なんと中ぐらいのヤガラが1本200円と表示されている。
魚体はツヤツヤで、目も黒々。
これは買いだと、あとで越紋に行くことも忘れ、2本購入した。

その横には、中の小ぐらいのイサキが1皿3匹で450円。
これも購入した。

イサキの内臓をとった後、ヤガラを捌く前に、両方を並べてパチリ。

0519IMG_0368 (2).JPG

手前のヤガラの胃袋はパンパン状態。
ヤガラは何回も買っているが、こんなヤガラは初めてだ。

0519IMG_0368 (1).JPG


胃袋の中からはウルメイワシやアカムツの幼魚?などが沢山出てきた。
ヤガラは、こんなものを食べているのか・・・。
ほとんど消化されていないことからも、超新鮮なことが分かる。
こんな魚には滅多にお目にかかれない。
千倉まで足をのばした甲斐があったというものだ。

0519IMG_0369.JPG


その後、ヤガラは刺身で、イサキは塩焼きでおいしくいただいた。

ご馳走様でした。








posted by 魚大好き人間 at 08:41| Comment(0) | 千倉 潮風王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

千倉にある潮風王国内の漁協直営店?でウスバハギとメアジを買ってみた、両方コスパ良し


2019年11月下旬の土曜日14時ごろ、千倉の潮風王国に行ってみた。

平日は休みのことがある鮮魚売り場を覗いてみるためだ。

本日は運が良いことに、朝ドレ鮮魚の文字が躍っている。
淡い銀色に光るタイのような魚とか石垣鯛の小さめのとかが、どれも税込み300円と書かれてあった。

うーーん。
この後、本命の越紋鮮魚店でも何か買う予定だし・・・。

悩んだ挙句、ウスバハギ1匹とメアジ1皿7匹を購入した。
両方ともに税込み300円。
ブチ安いのだ!

IMG_8079.JPG

家で計ってみれば、ウスバはぎは450g。
食べてみると、ねっとり気味の白身で淡白な味。
珍しい魚が300円で買えたので、大満足だ。

IMG_8084.JPG

メアジは、捌いている時、小さいアジは、やはり刺身にすると身が柔らかい・・・などと感じていたが、
いざ食べてみると、マアジに負けず劣らず、結構いけた。

購入量が多かったので、一部は軽くしめて鮨ダネに。
締めた後でも銀色の光は失せず、新鮮さが際立った。
これもコスパ良し。

本日も、よい魚を提供いただき、有難うギョざいました。



posted by 魚大好き人間 at 14:38| Comment(0) | 千倉 潮風王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

千倉の潮風王国で購入した釣り鯵はベリグー、イスズミなど小魚3匹は刺身には小さすぎた


これは2018年6月のことである。

たまに顔を出す、南房総は千倉の潮風王国。

建物内には鮮魚を扱う店が3軒あり、その辺のスーパーでは決して見ることができない魚をゲットできるので、年に数回、足を運んでいる場所だ。

あいにくと、この日は風が結構強かったので、今日はだめか?と思いつつ行ってみたのだが、予想に反し、1軒の店に「定置網 朝どれ」などと書かれた紙が貼られていた。
少々の風なら漁に出るとは聞いていたが、その通りらしい。

見れば、やがらの細いのが5~6本で500円とか、どれも結構安い。

その中で気になったのが、小魚の盛合わせ1皿500円だ。
ごく小さい本カワハギ2匹、細長く赤いブダイ系の魚1匹、小ぶりなイスズミ1匹という品ぞろえ。
珍しい魚が2種類いたので、ちょっと小さいかな?と思いつつも購入した。

ただ、刺し身にして食べてみれば、どれも身が柔らかく、煮つけのほうがよかった感じ。

IMG_4082-thumbnail2[1].jpg


一方、写真は撮っていないが、釣りアジと書かれた大ぶりの真鯵300円もあったので、そちらも購入。
刺身で食べたところ、そちらは身割れもしておらず、身は透明感ある薄赤色でプリプリ状態。
これまで食べた真鯵の中で1番といっていいほど、旨い鯵だった。

記憶に深く刻まれたベストな釣り鯵。
また見かけたら、迷わずゲットだ。


posted by 魚大好き人間 at 13:42| Comment(0) | 千倉 潮風王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

千倉の潮風王国で小ぶりな石垣鯛を400円、中ぐらいのスマを600円でゲット、両方ともコスパ的に大満足だった


これは、2016年12月のことである。

千葉県は房総半島南端の道の駅「潮風王国」の中の鮮魚店で石垣鯛を発見。
1匹400gぐらいで300円から400円。
滅多に見ない魚なので、大き目のやつを、即、ゲットした。

家に帰り捌いてみると、ウロコが細かすぎて、ちと苦労したが、刺身にすると身は透明で、磯臭さは全くなく、魚のうまみが感じられた。
これは安い買い物だった。

IMG_1813-thumbnail2[1].jpg

その他、スマという、サバとカツオの混血みたいな魚も初めて見た。
珍しいので、こちらも購入。1kg弱で600円也。

IMG_1811-thumbnail2[1].jpg

食べてみれば、身はモッチリしていて、クセのないカツオといった感じ。
クセがない分、カツオより食べやすい。
この魚にも満足した。

前回紹介したマンボウをゲットした店と合わせ、この店は千倉でのお気に入り鮮魚店だ。


posted by 魚大好き人間 at 13:41| Comment(0) | 千倉 潮風王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする