2020年05月01日

鴨川の藤徳商店で買ったメイチダイの刺身は絶品だった、茶光りしていたコウイカも皮がスルスル剥けた


2020年4月30日(木)の12時前、鴨川の藤徳商店を覗いたところ、今まで来た中で、一番、魚種が豊富だった。

カワハギ、カイワリ、スルメイカ、ホウボウなど雑多な魚が混在。
漁師町の魚屋ディスプレーは、こうでなくちゃ。

ちなみに、このトロ箱の中には茶色に光っていたコウイカもいたが、それはすでに購入スミで袋の中だ。

2IMG_0265.jpg

やや大きめの魚としては、キンメとホウボウがいた。
なぜか、黒っぽい小さなカレイも同居中。

IMG_0267.JPG

黒むつの小さいのもいっぱいいた。
この手の黒むつは、外房の魚屋、全般でよく見かける魚だ。
藤徳でもよく見かけるが、今日のは、いつものよりやや大きめだった。

2IMG_0268.jpg

この店自慢の?刺身ディスプレー。

IMG_0266.JPG

「高級魚」というポップに惹かれ、今日はメイチダイをチョイスした。

IMG_0276.JPG

購入したコウイカはこれ。
いくらコロナ禍で鮮魚の値段が下がっているとはいえ、これで700円ちょっとでは、漁師さんに申し訳ない。


IMG_0270.JPG

IMG_0272.JPG


外皮は気持ちよいほどスルスルと剥けた。
こんなコウイカは久しぶりだ。

IMG_0274.JPG

下手な盛り付けに反省。

IMG_0277.JPG

メイチダイの刺身は透き通っていた。

IMG_0278.JPG

このメイチダイ、食べてみればベリーグッドだった。
身は、柔らかいが張りがある。
脂も多すぎない程度にホドよく乗り、噛めば濃い旨味が感じられる。
メイチダイは初めて食べたが、こんなに旨い魚だとは・・。
次回見かけたら、是非とも、また買いたいものだ。

コウイカの刺身も、身に若干のネットリさを感じつつ、旨味を十分に堪能できた。

IMG_0279.JPG


ことほどさように、今回の藤徳商店は大満足だったのだ。



posted by 魚大好き人間 at 16:56| Comment(1) | 鴨川 藤徳商店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カマスの刺身に惹かれますね~。
と言うより、船盛りにして、全種類頂きたいですね。
Posted by 横浜の40代男性 at 2020年09月12日 19:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください