2020年02月23日

市原市のせんどう国分寺台店で岩手産のゲンゲを買ってみた

いつも客足の絶えない市原市のせんどう国分寺台店。
その一角にある鮮魚コーナーには、数や種類は少ないものの、各地の鮮魚が並べれられている。
勿論、房総の鮮魚も。
それも銚子産を見かけることが多い。

この日は、滅多に見かけることのない岩手産のゲンゲが5~6匹、トロ箱に入って客待ちしていた。
一匹498円。(外税)
この手の魚にしては、ちょっと高い。
2年前に親不知ピアパークで買ったゲンゲ(以下の写真)は、小さいのが5匹で400円だったのに・・・。

IMG_3992.JPG

しかし今回のは、それと比べると、かなり大きい。
そこで、久しぶりではあるし、買ってみることにした。
家で見ると、やはり大きい。

IMG_8649.JPG

捌いたら、こんな感じ。
肝は思ったより小さかった。

IMG_8650.JPG

切り身の断面は、やや盛り上がって入り、これは新鮮そうだ。

IMG_8653.JPG

鍋から出した身。
やはりプルンプルン状態で、コラーゲンオンリーだった。

IMG_8654.JPG

尻尾のほうは焼いてみたが、プルプル感は鍋と変わらなかった。

IMG_8658.JPG

本日頂戴した海の幸、どうも御馳走様でした。


posted by 魚大好き人間 at 08:49| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください