2018年07月30日

千倉の潮風王国で購入した釣り鯵はベリグー、イスズミなど小魚3匹は刺身には小さすぎた


これは2018年6月のことである。

たまに顔を出す、南房総は千倉の潮風王国。

建物内には鮮魚を扱う店が3軒あり、その辺のスーパーでは決して見ることができない魚をゲットできるので、年に数回、足を運んでいる場所だ。

あいにくと、この日は風が結構強かったので、今日はだめか?と思いつつ行ってみたのだが、予想に反し、1軒の店に「定置網 朝どれ」などと書かれた紙が貼られていた。
少々の風なら漁に出るとは聞いていたが、その通りらしい。

見れば、やがらの細いのが5~6本で500円とか、どれも結構安い。

その中で気になったのが、小魚の盛合わせ1皿500円だ。
ごく小さい本カワハギ2匹、細長く赤いブダイ系の魚1匹、小ぶりなイスズミ1匹という品ぞろえ。
珍しい魚が2種類いたので、ちょっと小さいかな?と思いつつも購入した。

ただ、刺し身にして食べてみれば、どれも身が柔らかく、煮つけのほうがよかった感じ。

IMG_4082-thumbnail2[1].jpg


一方、写真は撮っていないが、釣りアジと書かれた大ぶりの真鯵300円もあったので、そちらも購入。
刺身で食べたところ、そちらは身割れもしておらず、身は透明感ある薄赤色でプリプリ状態。
これまで食べた真鯵の中で1番といっていいほど、旨い鯵だった。

記憶に深く刻まれたベストな釣り鯵。
また見かけたら、迷わずゲットだ。


posted by 魚大好き人間 at 13:42| Comment(0) | 千倉 潮風王国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください